残念な事に自動売買は決して金のなる木ではありません。

今、FXが人気を集めています。
経済の不況が続く中、減収により家計の圧迫を防ぐための措置として投資に興味を持つサラリーマンや専業主婦が増えてきたからです。

自動売買

投資と言えば株式が主流と思われるかもしれませんが、株式の場合は“ある程度まとまった資金が必要になる”、“取引を行える時間に制限がある”など、手持ちの資金にもプライベートの時間にも余裕のないサラリーマンや専業主に方とっては、手が出しにくい傾向があります。

その点FXは“少資金からでも始めることが出来る”、“24時間いつでも取引が行える”など、資金にも時間にも余裕のないサラリーマンや専業主婦の方でも投資を行ないやすい傾向があります。

しかし、FXで利益を上げるためには市場の状況を見て売買のタイミングを見極める必要があるため、初心者には少々ハードルが高いことも事実です。
また、人間は感情の変化や疲れなどで判断力を失うことがあるため、本来なら利益を上げるところを過って損失を生んでしまうこともあります。
そこでご紹介したいのが“自動売買”です。

自動売買はあらかじめプログラミングされたソフト(機械)を使用してFX取引を行なうことが出来ます。
機械には感情や疲れを感じることが無いため、市場の変化に順応して売買取引を常に冷静な判断を持って行ってくれます。
しかも、営業で外回りを行なっている時でも、家事やお買い物や茶飲み友達と楽しんでいる時でも24時間取引を自動で行ってくれます。
また、利益を上げた際の決算なども自動で行ってくれるためとっても便利です。

ここまでの話を聞いて、「自動売買があれば初心者の私でも簡単に利益を上げることが出来そう♪」なんて思われた方もいることでしょう。
しかし、残念な事に自動売買は決して金のなる木ではありません。

自動売買

自動売買ソフトは使用する業者によりトレードシステムの質に善し悪しがあります。
自動売買ソフトは過去に行われたトレードを基にしてプログラミングされているのですが、悪質な業者から販売されている自動売買ソフトはバックテストを行っていない事が多いため、利益を本当に上げることが出来るかどうかの信用性が非常に低いです。

もしかしたら損失ばかりが大きくなってしまうことも考えられます。

また、莫大な過去のトレード情報を基にしてプログラミングを行ない、バックテストを繰り返し行った信用性の高いソフトであっても、テロや自然災害などの予測不可能な事態に陥った場合は市場の変化に順応できないこともため、必ずしも利益を上げてくれる保証はありません。

自動売買にはFX初心者にとって強い味方となってくれるメリットが多く存在する半面、デメリットも同じように存在します。
自動売買の使用を検討する場合は、“うまい誘い文句に対して疑いから入ること”、“使用するソフトを良く比較検討して選ぶこと”、“必ずしも利益に繋がる保証はないこと”を頭に入れておくと良いでしょう。